現代日本を代表するアーティスト、大竹伸朗の個展が東京国立近代美術館でついに開催。
およそ500点の圧倒的な量の空間にようこそ。

お知らせ

最新のお知らせはSNSをご覧ください

instagramInstagram

みどころ

16年ぶりの大回顧展、およそ500点の圧倒的なボリュームと密度

2006年に東京都現代美術館で開催された「全景1955-2006」以来となる大規模な回顧展。半世紀近くにおよぶ創作活動を一挙にご紹介します。最初期の作品から近年の海外発表作、そしてコロナ禍に制作された最新作まで、およそ500点の作品が一堂に会します。小さな手製本から巨大な小屋型のインスタレーション、作品が発する音など、ものと音が空間を埋め尽くします。

主な展示作品

7つのテーマ「自/他」「記憶」「時間」「移行」「夢/網膜」「層」「音」に基づいて構成。時代順にこだわることなく大竹の作品世界に没入し、その創作のエネルギーを体感できる空間が出現します。

※クリックすると、各章における主な展示作品が閲覧できます。

グッズ

本展に合わせて製作されたニューグッズも続々登場!!
こちらのサイトおよび「大竹伸朗展」公式SNSで発表します、お楽しみに!

一部のグッズは『日テレ屋 WEB』でも販売します。

チケット

グッズ付チケット 9月発売予定

グッズ付チケットの詳細は、決まり次第、こちらのサイトおよび「大竹伸朗展」公式SNSでお知らせします。

大竹伸朗

通常観覧券 9月発売予定

一般 : 1,500円
大学生 : 1,000円

*いずれも消費税込。
*高校生以下、障害者手帳をご提示の方とその付添者(1名)は無料。
 それぞれ入館の際、学生証等の年齢のわかるもの、障害者手帳等をご提示ください(詳しくはこちら)。
*キャンパスメンバーズ加入校の学生・教職員は割引料金(200円引き)。
 それぞれ入館の際、学生証・職員証をご提示ください(詳しくはこちら)。
*本展の観覧料で入館当日に限り、同時開催の所蔵作品展「MOMATコレクション」もご覧になれます。
*会期後半は、混雑が予想されます。会期前半のご来館をお勧めします。
*ご来館の際には東京国立近代美術館ウェブサイトの「美術館にご来館されるみなさまへ」をご確認ください。

東京国立近代美術館 美術館窓口でも当日券を販売致します。
会場内が混雑した際は入場までお待ちいただく場合がございます。
※当日券は販売いたしますが、ご来館時に予定枚数が完売している場合がございます。
日テレゼロチケ 【インターネット購入】
コンビニ発券
※手数料ゼロ、会員登録料ゼロ
リンク確認中
ローソンチケット
【インターネット購入】
※発券手数料(110円)が必要
リンク確認中
【店頭販売】
ローソン・ミニストップ店内 Loppi
※発券手数料(110円)が必要
観覧券(グッズ付): Lコード****
観覧券(通常): Lコード****
etix 【インターネット購入】
※スマホ購入orご自宅で印刷
※手数料ゼロ、会員登録料不要
リンク確認中

プロフィール

大竹伸朗

1955 年東京都生まれ。主な個展に熊本市現代美術館/水戸芸術館現代美術ギャラリー (2019)、パラソルユニット現代美術財団(2014)、高松市美術館 (2013)、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(2013)、アートソンジェセンター (2012)、広島市現代美術館/福岡市美術館 (2007)、東京都現代美術館 (2006) など。また国立国際美術館(2018)、ニュー・ミュージアム・オブ・コンテンポラリー・アート(2016)、バービカン・センター(2016) などの企画展に出展。ハワイ・トリエンナーレ(2022)、アジア・パシフィック・トリエンナーレ(2018)、横浜トリエンナーレ(2014)、ヴェネチア・ビエンナーレ(2013)、ドクメンタ(2012)、光州ビエンナーレ(2010)、瀬戸内国際芸術祭(2010、13、16、19、22) など多数の国際展に参加。また「アゲインスト・ネイチャー」(1989)、「キャビネット・オブ・サインズ」(1991) など歴史的に重要な展覧会にも多く参加している。

作家サイト https://www.ohtakeshinro.com

大竹伸朗

開催概要

展覧会名: 大竹伸朗展
会期: 2022年11月1日(火)―2023年2月5日(日)
会場: 東京国立近代美術館
開館時間 :10:00―17:00(金・土曜は10:00-20:00)
※入館は閉館30分前まで
休館日: 月曜日[ただし2023年1月2日(月)および1月9日(月)は開館]
年末年始[12月28日(水)―1 月1日(日) ]、1月10日(火)

主催: 東京国立近代美術館、日本テレビ放送網
協賛: 株式会社ベネッセホールディングス、公益財団法人 福武財団
特別協力: TAKE NINAGAWA
東京国立近代美術館リンク先: https://www.momat.go.jp/
日本テレビ放送網リンク先: https://www.ntv.co.jp/event/

お問合せ: 050-5541-8600(ハローダイヤル 9:00~20:00)
美術館ウェブサイト: https://www.momat.go.jp/
*開催情報は変更になる場合があります。
*ご来館前に美術館ウェブサイトで開館日程等の最新情報をご確認ください。

巡回展: 愛媛県美術館 2023年5月3日(水)―7月2日(日) 予定
     富山県美術館 *会期は改めてお知らせします。

プレスの方はこちらへ
「大竹伸朗展」広報事務局(ユース・プラニング センター内)
ohtake.ten@ypcpr.com

アクセス

≪住所≫ 〒102-8322 東京都千代田区北の丸公園3-1
≪TEL≫  050-5541-8600(ハローダイヤル)
■東京メトロ東西線「竹橋駅」 1b出口より徒歩3分
■東京メトロ東西線・半蔵門線・都営新宿線「九段下駅」4番出口、
半蔵門線・都営新宿線・三田線「神保町駅」A1出口より各徒歩15分

■お車でお越しの方
美術館には駐車場はありません。周辺にある有料駐車場をご利用ください。
なお、お身体の不自由な方が利用される車に限り、駐車スペースをご利用いただけます。
ご利用の際は警備員へお申し出ください。

詳しくは、こちらへ。