CV

テア・ジョルジャゼ

1971年トビリシ (ジョージア) 生まれ
現在ベルリン在住

1994-01 デュッセルドルフ美術アカデミー
1993-94 Gerrit Rietveld Akademie (アムステルダム)
1988-93 Academia of Arts (トビリシ)

主な個展

2019

「All」 Take Ninagawa, 東京
「Thea Djordjadze: one is so public, and the other, so private.」 ヴィンタートゥール美術館, スイス

2018

「o potio n.」 Portikus, フランクフルト

2017

「Thea Djordjadze Iinventur SGSM」 ミュンヘン市立美術館, ミュンヘン

2016

「To be in an upright position on the feet (studio visit)」 セセッション, ウィーン
「Space Under」 MoMa PS1, ニューヨーク

2015

「Ma Sa i a ly e a se – de」 South London Gallery, ロンドン
「Thea Djordjadze」 MIT List Visual Arts Center, ケンブリッジ, マサチューセッツ州

2013

「Thea Djordjadze」 アスペン美術館, コロラド州
「our full」 ジャン大公現代美術館 (Mudam) (ルクセンブルク); クンストハレ・リンゲン (ドイツ); Malmö Konsthall (マルメ)- 2012

2011

「Lost Promise in a Room」 Common Guild, グラスゴー
「Thea Djordjadze: His vanity requires no response」 セント・ルイス現代美術館, ミズーリ州

2009

「endless enclosure」 クンストハレ・バーゼル, バーゼル

2008

「Thea Djordjadze」 Kunstverein Nürnberg, ニュルンベルク

主なグループ展

2020

「My Body Holds Its Shape」 Tai Kwun, 香港

2017

「Jumping out off an age we found uninhabitable」 ミラノ・トリエンナーレ, ミラノ
「Mentales Gelb. Sonnenhöchststand: Die Sammlung KiCo」 Kunstmuseum Bonn (ボン); レンバッハハウス美術館 (ミュンヘン)

2015

「NO MAN’S LAND: Women Artists from the Rubell Family Collection」 National Museum of Women in the Arts, ワシントンD.C.; Rubell Family Collection, マイアミ, フロリダ州- 2015
「第56回ヴェネツィア・ビエンナーレ: All the World’s Futures」 アルセナーレ, ヴェネツィア

2014

「The Brancusi Effect – the Archival Impulse」 クンストハレ, ウィーン

2013

「第55回ヴェネツィア・ビエンナーレ」 ジョージア館, ジャルディーニ, ヴェネツィア
「Nouvelles Impressions de Raymond Roussel」 パレ・ド・トーキョー, パリ

2012

「dOCUMENTA (13)」 Karlsaue Park, カッセル, ドイツ

2011

「Time Again」 スカルプチャー・センター, ニューヨーク

2010

「The New Décor」 Hayward Gallery, ロンドン

2008

「BB5 – 5th Berlin Biennial for Contemporary Art」 Neue National Galerie, ベルリン

2007

「9th Lyon Biennial: The 00s – The History of a Decade That Has Not Yet Been Named」 リヨン現代美術館, リヨン

2003

「第50回ヴェネツィア・ビエンナーレ: Dreams and Conflicts – The Viewer’s Dictatorship」 アルセナーレ, ヴェネツィア

PDF

Exhibitions